スポンサーリンク

【新製品情報】4月中旬発売予定!tent-Mark DESIGNS『サーカス720VC』VC(バリューコットン)製のサーカス720が登場!

NEWS

こんにちは!

昨日までのキャンプの興奮が冷めやらないすずパパ)です!

我が栃木県は他の都府県より先に緊急事態宣言が解除されました。なので2月は3回もキャンプに行くことができました。ただし、全て栃木県内です(そこはちょっと残念ですが…)!

で、ここ数年のキャンプ場でよく見かけるのがtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)「サーカスTC」。あとは大型の2ポールシェルターですね。古くはスノーピーク「ランドステーションL」ogawa「ツインピルツT/C」から、最近ではニーモ「ヘキサライト6P」ゼインアーツ「GIGI-2」なども人気があります。

今日は、我が栃木県に縁の深いtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)の新型2ポールシェルターを紹介したいと思います。

テンマクデザイン サーカス720VC
引用元:tent-Mark DESIGNS

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)「サーカス720VC」

どんな新製品なのかチェックしてみましょう!

tent-Mark DESIGNS「サーカス720VC」と「サーカス720DX」

tent-Mark DESIGNSにはもともと「サーカス720DX」と言う大型の2ポールシェルターが存在していました。今回の「サーカス720VC」は、既存モデル「サーカス720DX」のコットン版となっています。

テンマクデザイン サーカス720VC
引用元:tent-Mark DESIGNS
テンマクデザイン サーカス720VC
引用元:tent-Mark DESIGNS
すずパパ
すずパパ

コットン素材なのにグリーンが新しい!「サーカスTC DXダックグリーン」と同じ色合いなのかな?

「サーカス720DX」は現在サイドウォールセットのみ販売中です。

テンマクの2ポールシェルターはBLACK SUMMIT GG8などもありますが、大型モデルのコットン製は初めてと思われます。炎幕TCなどもありますが、こちらはソロやデュオまででコンパクトな部類ですね。

「サーカス720VC」の特徴

簡単に特徴をリストアップしてみたいと思います。

「サーカス720VC」の特徴
  • VC(バリューコットン)を採用し遮光性・保温性を高次元で実現
  • シェルター内にポールがない為、自由なレイアウトが可能
  • スカート付きで全面クローズが可能。また貼り方のアレンジも豊富
  • 別売りのサイドウォールを利用し10人でも使える大空間に

TC素材よりコットン比率が高いVC素材を採用

テンマクおなじみのTC(テクニカルコットン)素材よりコットン比率が高いVC素材を採用しています。VCはコットン60%・ポリエステル40%、TCはコットン35%・ポリエステル65%。

テント外の二股ポールによりテント内が広い

厳密には2ポールではなく、二股ポールx2なので4ポールかもしれませんが…。テント外に二股の張り出しポールを使用することにより、テント内のポールがありません。それにより、テント内のファニチャーや荷物のレイアウトの自由度が上がっています。

スカート付き&様々な張り方が可能

スカート付きなので、寒い時期も暖かく使えます。また様々な張り方が可能でサイドウォールを使えばさらに大人数での使用もできます。

テンマクデザイン サーカス720VC アレンジ
引用元:tent-Mark DESIGNS
すずパパ
すずパパ

この張り方のアレンジの多さはすごい!!

使いこなせるかが不安になるほど!

「サーカス720VC」の情報

仕様

テンマクデザイン サーカス720VC
引用元:tent-Mark DESIGNS
サーカス720VC 仕様
素材
フライ コットン混紡生地(VC):コットン60% ポリエステル40%
加工:撥水加工
ジッパーカバー・マッドフラップ ポリエステルオックス210D
加工:撥水加工
メッシュ ポリエステルメッシュ
ポール スチール製二股ポール φ25mm×3,250mm×2
スチール製キャノピーポール φ19mm×1,800mm×2
収納ケース コットン混紡生地(VC):コットン60% ポリエステル40%
加工:撥水加工
サイズ
収納サイズ (約)760×350×390(高)mm
組立サイズ (約)7,200×3,600×2,200(高)mm
重量
総重量 (約)24.875kg
本体重量 (約)10.81kg (フライのみ)
ポール (約)10.13kg
付属品 張り出しポール×2、ペグ×29本、収納ケース×
張り綱(2.5m×4本、3m×9本、10m×2本)
すずパパ
すずパパ

720x360cmの巨大なスペース!!
そして25kgの重量!スチールポールとペグが重い!

インナーテントは別売りです。価格は17,600円(税込)です。

テンマクデザイン サーカス720VC インナーテント
引用元:tent-Mark DESIGNS
すずパパ
すずパパ

「サーカス720DX」の単品販売はないので、「サーカス720サイドウォールセット」と比較してみましょう!

サーカス720VC VS サーカス720サイドウォールセット
組立サイズ (約)7,200×3,600×2,200(高)mm (約)7,200 × 3,600 × 2,200(高)mm
総重量 (約)24.875kg (約)23.1kg(サイドウォール含む)
価格 87,780 円(税込) 87,780 円(税込)

サイズはもちろん同じ。重量はサイドウォール付きの720DXより720VCの方が重い。価格は同じだが、サイドウォール付きの720DXのお得度が際立ちます。

参考までに私の所有するノルディスク ウトガルドの仕様は約430×295×240cm、重量:約22.5kgです。

ウトガルド
ウトガルド 収納サイズは124xΦ35cm
すずパパ
すずパパ

ウトガルドより大きく重いとは…

発売日と価格

発売日:4月中旬発売予定
価格:87,780円(税込)

2021年2月28日時点の情報です。変更ありましたら追記致します。

まとめ

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)のコットン攻勢が止まりません!

しかもTCよりコットンの割合が高いVCを採用!夏は涼しく、冬は暖かい。コットンのメリットがより活かされそうですね!もちろん、重量増というデメリットもありますが…。

既存モデルの「サーカス720サイドウォールセット」とどちらが良いか悩みますが、コットン製の2ポールシェルターが欲しい方には、この「サーカス720VC」が第一候補になりそう!やっぱりサンド系のカラーも欲しい気がしますが、最近の増殖具合からすると没個性になってしまうかな?

結論。大型シェルターはコットン素材のメリットとデメリットを考えたうえで購入しましょう!

結露対策でコットンを選びたくもなりますが、開口部の大きいシェルターはポリエステル製でも結露の乾燥が早く済みます。

テンマクデザイン サーカス720VC
引用元:tent-Mark DESIGNS

次の記事も私の気になるtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)の新製品を紹介したいと思います。後ほど、乱立する各メーカーの2ポールシェルター比較などもしてみたいと思います。

すずパパ
すずパパ

現状、ロースタイルキャンプなので、ここら辺でハイスタイルに移行したいと思っています。主に腰の問題で…

こちらもテンマクデザインの新作シェルターです。

コメント

  1. wish より:

    こんにちは(^^)/

    最近、アウトドア(キャンプ)業界は盛んですね!
    ちょっと離れてるだけで浦島気分ですよ(゚д゚)!

    新製品はランステLをさらに自在にできるイメージですね。
    総重量は同じくらいかな。
    これを積み下ろし運搬するのがホント一苦労で
    最近はサーカスTCばかりになってます(笑)

    お互いローからハイに変える時期が来とるのかのぉ( ̄д ̄)

    • すずパパ より:

      wishさん♪

      こんばんは!

      >ちょっと離れてるだけで浦島気分ですよ(゚д゚)!

      ホント新製品のスピードと数が凄い!私もついていけないですよ!!
      最近始めた方は情報が多すぎて逆に大変そうです!

      >新製品はランステLをさらに自在にできるイメージですね

      ランステやリビシェル憧れたなぁ…。大人数のグルキャンの時などお邪魔してそう思いました!
      リビシェル3連結とかwww

      >お互いローからハイに変える時期が来とるのかのぉ( ̄д ̄)

      ロッジテントで家の様に過ごす時期ですかね~。優雅にw

タイトルとURLをコピーしました