建築とキャンプの融合!『CAMP.TECTS』のテーブルが気になる!

camptects

引用元:RP TIMES

こんにちは!

昨年の4月以来、ファミリーキャンプに行っていないすずパパ)です。

我が家の一張羅テントノルディスク ウトガルドも、草葉の陰…いやキャンプ道具置き場の隅で泣いています…。

今年のGWに狙いを定め、キャンプ場予約ニューアイテムチェックなど、忙しい日々を過ごしていますw(ニューソロ幕探しもね)

と言うわけで、今日は新しいブランドを見つけたのでチェックしてみたいと思います。

建築家とプロキャンパーが手を組んで発足したニューブランド!

『CAMP.TECTS』!

一体、どんなアイテムを販売するのか?そしてそのポリシーは?

良かったら、読んでいってください。

camptects引用元:CAMP.TECTS

『CAMP.TECTS』~Camp+Architect~

建築家+プロキャンパー

建築家の谷尻誠氏と、プロキャンパーのヒャクタロウ氏が手を組み、立ち上げたのがキャンプ用品の新ブランド「CAMP.TECTS(キャンプ テクツ)」です。

camptects引用元:CAMP.TECTS

建築をつくることは街の一部をつくることでもあるとしたならば、キャンプの道具を作ることは自然の風景の一部をつくることでもあります。
その風景へと足を踏み出したくなるプロダクトや環境をキャンプと建築視点から提案していくことで、キャンプに出かけるという暮らしの一部を提案していきます。

Camp + Architect = CAMP.TECTS

引用元:CAMP.TECTS

とのことで、建築家とキャンパー両者の目線からのニューアイテムを提供してくれそうな予感!!

アウトドアでもリビングを作る

このCAMP.TECTSを初めて知ったのは、2月4日でした。

『建築家がCAMP事業を開始。』と言う、プレスリリースが目に留まりました。

そこには…

キャンプギアは何もない大自然に寝る空間と、団欒の場を作り上げる、キャンプにはなくてはならないモノばかり。そんなアウトドアに自然と調和したリビングを作ることを目的として、『CAMP.TECTS』ブランドを作りました。

引用元:PR TIMES

このフレーズが心に残り、CAMP.TECTSについて調べてみることにしました。

第1弾の商品として発売されるのは、建築家の視点を生かし使い勝手にこだわったキッチンテーブルやローテーブルなど。

camptects引用元:CAMP.TECTS

建築家ならではの機能美と造形の美しいアイテムです。どんなアイテムなのか、HPの情報を元にチェックしていきます!

コラボ先としてノルディスクが来る?

これは、未確認情報です。

ですが、2月4日にCAMP.TECTSのHPを訪問した際には、ノルディスクとのコラボについてのページがあったような気がしたのですが…??

2月6日夜の時点ではコラボについての情報は何もありませんでした

現時点での匂わせ情報としては…

HPのソース、メタキーワードに「Nordisk,ノルディスク」とあり。

同じく6日20時30分の時点ではページのソースに「img_nordisk_camptects.png (977×64)」のリンクがありました。こちらは22時30分の時点で確認できなくなっています。

CAMP.TECTSの方でフライングしちゃったのかな?

HPで製品と一緒に移っているテントが全てノルディスクなことからも、何かしらの協力関係はあるのではないかと思いますが…。

今後の発表が楽しみです!ノルディスクユーザーとしても…

『CAMP.TECTS』第一弾アイテム

それでは、第一弾として発表された3つのアイテムをチェックしていきましょう!

ファミリー向けキッチンテーブル

CT20SS-001

価格:40,000円(税抜)

camptects ct001引用元:CAMP.TECTS

コンパクトにたたむことができるファミリー向けキッチンテーブルです。 キッチンテーブルとツーバーナースタンドセットでご用意致しました。(収納袋付き) すべて木材を使用することでCAMP.TECTSが掲げる大自然との調和、温かみを家族で感じることができる商品となっております。

天板下の木材にはシェラカップやフックをかけることができ収納機能も兼ねております。

引用元:CAMP.TECTS

仕様
折り畳み収納時:420×1000×210H(高さ/厚み)
使用時サイズ:キッチンテーブル 420×1150×850H(高さ)
使用時サイズ:バーナースタンド 420×1100×700H(高さ)
材質:パイン無垢材 オイル仕上げ+ ステンレス

Lowスタイルキャンプ向けテーブル

CT20SS-002
価格:28,000円(税抜)

camptects ct002引用元:CAMP.TECTS

コンパクトにたたむことができるLowスタイルキャンプ向けテーブルです。 キッチンテーブルとしてもサイドテーブルとしてもLowスタイルキャンパーの方にご利用頂けます。(収納袋付き) すべて木材を使用することでCAMP.TECTSが掲げる大自然との調和、木の温かみを感じることができる商品となっております。

天板下の木材にはシェラカップやフックをかけることができ収納機能も兼ねております。

引用元:CAMP.TECTS

仕様
折り畳み収納時:420×1000×105H(高さ/厚み)
使用時サイズ:ローシェルフ 420×1150×450H(高さ)
材質:パイン無垢材 オイル仕上げ+ ステンレス

ファミリー向けキッチンテーブル(ワンポール屋内対応)

CT20SS-003
価格:29,000円(税抜)

camptects ct003引用元:CAMP.TECTS

コンパクトにたたむことができるLowスタイルキャンプ向けテーブルです。 テーブルの真ん中に穴が開いているのでワンポールテント内にもご利用頂けるテーブルとなっております。 奥行きも広くしてあるのでメインテーブルとしてLowスタイルキャンパーの方にご利用頂けます。(収納袋付き) すべて木材を使用することでCAMP.TECTSが掲げる大自然との調和、木の温かみを感じることができる商品となっております。

天板下の木材にはシェラカップやフックをかけることができ収納機能も兼ねております。
天板に空いている2か所の穴にはランタンハンガーを通すことも可能です。

引用元:CAMP.TECTS

仕様
折り畳み収納時:420×1000×105H(高さ/厚み)
使用時サイズ:ローテーブル 800×1150×450H(高さ)
材質:パイン無垢材 オイル仕上げ+ ステンレス

考察~サイズ感の確認~

3つのアイテム全て、パイン無垢材の質感が柔らく美しく感じられます。

と言うか、針葉樹の松材なので物理的にも柔らかく加工しやすい材木です。

持ち運びや組み立て時に傷つけないように気を付けないといけないかも…。

お値段がお値段ですし…

とは言え、アイアンラックとは違った柔らかな風合…。丸い脚などの造詣も面白いですね。

写真と仕様だけでは実際のサイズ感がわからないので、参考に私が所有したことのあるテーブルと比較してみます。

テーブル使用サイズ(cm)面積(cm^2)
CT20SS-002Lowスタイルキャンプ向けテーブル115x42x45H4,830
CT20SS-003ファミリー向けキッチンテーブル115x80x45H9,200
コールマンイージーロール2ステージテーブル112x70/40H7,840
ハイランダーウッドロールテーブル90x60x43H5,400
ユニフレーム焚き火テーブル55x35x37h1,925

面積で比較すると

CT20SS-003>コールマン>ハイランダー>CT20SS-002

となりました。

コールマン ウッドロール2ステージテーブル 110

コールマン ウッドロール2ステージテーブル 110

ハイランダー ウッドロールテーブル

ハイランダー ウッドロールテーブル

コールマン家族4人で余裕を持って使用できるサイズでした。

ハイランダーはちょっと小さめですが4人で使用しています。

CT20SS-002焚火テーブル2枚より大きな面積となっていますね。

ソロキャンプの朝食風景焚き火テーブル

CT20SS-003 ファミリー向けキッチンテーブルはかなり大きく、ゆとりを持ったリビングを作ることができそうですね。

とは言え、ウトガルド内でこれを使うとちょっと狭くなりそうかなぁ。

あとで、図面にしてみようかなぁ

感想~これからに期待!~

いかがだったでしょうか?

建築家+キャンパー

この二人が作り出すニューアイテムが楽しみです。

これまで笑’sの様に、「モノづくりをするキャンプ好きの方が作ったキャンプ道具」が人気となる例もありました。

さて、今回はどうなりますか?

多くの人に受け入れられるブランドになって欲しいと思います!

とは言え、総じて価格が高い!パイン材なのに…

しかし、ウトガルドと一緒に撮影された写真を見てしまうと…欲しくなる…

もう少しお求めやすい入門用のアイテムが欲しいですね。

更に小さいサイズのサブテーブルとか…。

個人的に一番興味を持ったのは、キッチンテーブルです!

『キャンパー買って後悔したものランキング』があればダントツで一位になりそうなキッチンテーブル…

それでもこの素朴な木製のキッチンテーブルとバーナースタンドなら…。

もう一度キッチンテーブルありで、スタンディングで料理をするキャンプをしてみたい…

最近はロースタイルで座ったまま調理することの方が多いので腰に負担が…www(最近コレばっかりですねw)

僕が『NORDISK(ノルディスク) ウトガルド』を買ったワケは!?一度は憧れるコットンテントを買ってしまった男の感想とは?快適な幕内、簡単な設営…これはまさしく家!!
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメント

  1. いたち より:

    こんにちは(・ω・)

    >現時点での匂わせ情報
    さすがキャンプブログ随一の解析班・すずパパさん(*゚ω゚ノノ゙☆
    ITに疎いいたちには出てくるキーワードの意味がイマイチわかりません(w)が、ノルディスクさんとコラボすることがかなり濃厚そうなんですね

    ワンポールユーザーとしてはCT20SS-003がいいですねぇ(●´ω`●) ……税込みで3諭吉超え (;゙゚’ω゚’)グフゥ
    それにまずいたちはLDK混在なテントを整理できるようにならないと宝の持ち腐れですねヾ(´ω`;)

    • すずパパ より:

      いたちさん♪

      こんばんは~

      >さすがキャンプブログ随一の解析班・すずパパさん(*゚ω゚ノノ゙☆
      >ITに疎いいたちには出てくるキーワードの意味がイマイチわかりません(w)が、ノルディスクさんとコラボすることがかなり濃厚そうなんですね

      あれれ(;・∀・)いたちさん、PC関係お詳しそうなのに…。私の説明が下手なのかも…。
      初めて見た日にはコラボについてのページもあったような気がしたんですがね…。
      見間違いだったかなぁ(;^ω^)

      >ワンポールユーザーとしてはCT20SS-003がいいですねぇ(●´ω`●) ……税込みで3諭吉超え (;゙゚’ω゚’)グフゥ

      結構、お高いですよね(;・∀・)
      けど、我が家にあるテーブルの金額を合計すると、楽勝で超えてしまう事実…orz
      あっっ、うちもウトガルド内でこのテーブルを使うスペースはなさそうです(;^ω^)