STANLEY(スタンレー)「クラシック真空ボトル」VS「真空グロウラー」氷耐久レース!

ボトルVSグロウラー

STANLEY…

私が惚れたのはその姿だけではありません。性能的にも素晴らしいものを持っています。

さて?『クラシック真空ボトル』『真空グロウラー』どちらが優れた性能を持っているのでしょう?

スペック上は『クラッシック真空ボトル』が勝っていますが実際は!?

氷の残量でチェックしてみました!

良かったら、読んでいってくださいm(__)m

ボトルVSグロウラー

レビューはこちら

こんにちは! キャンパー御用達の水筒と言えばSTANLEY(スタンレー)ですね。 無骨?スタイリッシュ?どう表…

*この記事は初出2017/7/28の記事を追記・再構成したものになります

実験方法

  1. ボトルとグロウラーに満タンの氷を入れ放置します
  2. 1日毎に溶けた水の量を測ります
  3. 最後に残った氷の量が多い方が勝ちです

実験日時:2017年7月12日20時~17日21時までの5日間

保管場所:室内の日蔭(初日のみ暑い2階、その後は1回和室に放置)

気温:実験期間5日間の最高室温は約33℃

氷:公平を期すために、市販のロックアイスを利用

それでは準備を始めます

氷の量を測定。双方1.1kgでした

STANLEY グロウラー 氷

これをボトルとグロウラーに入れていきます。

残った氷の量⇒ボトル:220g/グロウラー:170g

水筒内の氷の量⇒ボトル:880g/グロウラー:930g

容量的には全部入りそうですが、隙間なく詰め込むことはできませんでした。

また、また、ボトルの口径はグロウラーより小さい為、入らない氷もありました。入ったとしても、出しにくいものもでてくることでしょう。

これで、準備完了です。

実験開始

ここから24時間ごとに水の量を測定していきます。

氷の保管の為には、水は処分していった方がよいですが、今回の実験では溶け出た水も水筒内に戻しています。

24時間後

ボトルVSグロウラー24h後

ボトルは20%消失、グロウラーは30%消失

グロウラーの方がスタート時の氷は多かったですが、1日目にして残量が逆転してしまっています。

48時間後

ボトルVSグロウラー48h後

ボトルは42%消失、グロウラーは60%消失

グロウラーの消失が早い…。それでも2日は持つと言うことですね。カタログスペックの『氷100時間』行けるか!?

72時間後

ボトルVSグロウラー72h後

ボトルは60%消失、グロウラーは86%消失

ボトルは一日あたり20%ずつなくなっていますね。グロウラーは風前の灯火です…

96時間後

ボトルVSグロウラー96h後

ボトルは75%消失、グロウラーは100%消失(水温8.1℃)

100時間を前にグロウラー内の氷は消滅してしまいました。ボトルの粘りが凄い!!

120時間後

ボトルVSグロウラー120h後

ボトルVSグロウラー

ボトルは92%消失、グロウラーは100%消失済み

ボトル内の水はまだ冷たい状態ですね。グロウラーはだいぶぬるくなってきています。

ボトル内に残った氷はこれだけでした。

ここまでで実験は終了!!

考察まとめ

まずラベルに表示されていた仕様を確認してみましょう。

ボトルVSグロウラー

ボトルは160時間グロウラーは100時間とあります。

対して、今回の結果は下記の様になりました。

0H 24H 48H 72H 96H 120H
ボトル 880g 700g 510g 350g 220g 70g
グロウラー 930g 650g 370g 140g 0g 0g

結構、綺麗なグラフになりました。

計算上氷がなくなるのはボトルは130時間グロウラーは84時間となりました。

どちらもカタログ値よりは短い予測となっています(カタログ値がどのような環境で測定しているかは不明です)。

日中30℃レベルの室内に保管して、この結果はなかなか良好ではないでしょうか?夏キャンプでの日蔭保管に近い環境とも言えるかもしれません。

結論としては

『どちらを使っても、2泊3日は持ちそう!』

ただ、口径の広いグロウラーの方が氷の運搬には便利ですね。また、使用して氷が減ればそれだけ溶けるのも早くなります。途中で買い足す必要はやはり出てくるかもしれません。

終わりに

今回、過去記事をリライト(再編集)してみたわけですが、旧記事の最後にこの様に書いてありました。

皆さんもキャンプ時の氷の運搬に『グロウラー』、どうですか?
そして帰りは、観光地の地ビールを量り売りで入れてもらってくると…
一石二鳥ですね!!
まだ、量り売りのビール入れたことありませんorz
と言うわけで、繰り返しになりますが…
皆さんもキャンプ時の氷の運搬に『グロウラー』いかがですか!?
ゴーシリーズのグロウラーも発売されたみたいです!こっちはまだレアですね!!

ゴーシリーズのタンブラーのレビューはこちらです

レビュー!!STANLEY(スタンレー)の2018年新作GO SERIES(ゴーシリーズ)!真空断熱タンブラー2種類購入!CERAMIVACの口当たりは新感覚!!
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメント

  1. いたち より:

    こんにちは(・ω・)

    今回の比較テストでは100時間は達成ならずのグロウラーでしたが、
    いたちはそんなに連泊する予定もないし、少なくとも2日は十分持つ、
    さらに溶け出た水を都度出せば恐らくもっと長持ちしますもんね
    5日にも及ぶテスト日数もさることながら、最後にグラフにまとめるとは
    気合の入った検証、ためになりました!(`・ω・´)φ

    • すずパパ より:

      いたちさん♪

      こんばんは!こちらにもコメントありがとうございます!

      >いたちはそんなに連泊する予定もないし、少なくとも2日は十分持つ、

      うちも以下同文で(;^ω^)口の大きさが氷の出しやすさに繋がってるので、ボトルより短くてもいい感じです!
      この時期のキャンプなら溶けきる前に使い切って、買い足す形になるかと…w

      >5日にも及ぶテスト日数もさることながら、最後にグラフにまとめるとは気合の入った検証、ためになりました!(`・ω・´)φ

      なんて暇人だったのでしょうwww自分でも信じられませんw!けど、あの公式の測定方法をしりたいところですねw

  2. くめっち より:

    実験お疲れ様でした。
    私も、どちらも愛用しております。
    次は、水を除いての実験もお願いします。(^^)

    • すずパパ より:

      くめっちさん♪

      返事遅くなってすみません!!

      >私も、どちらも愛用しております。

      ちょっと嵩張るのでソロにはどうしようか悩むときもありますが、いいですよね~

      >次は、水を除いての実験もお願いします。(^^)

      やっぱり水を除いて比較していった方がよかったかな~
      けど、もう面倒なのでやらないですねきっとw