スポンサーリンク

【2024年春オープン予定】スノーピーク関東初の直営キャンプフィールドが栃木県鹿沼市にできるって!?【場内・施設の計画案も掲載!】

NEWS

栃木県、特に鹿沼市を愛する男すずパパ)です!

2021年は栃木県鹿沼市のキャンプ場を多く利用していますが、鹿沼市にまた新しいキャンプ場がオープンする予定です!

しかも!

スノーピーク 鹿沼
引用元:鹿沼市(水源地振興拠点施設基本設計書)

関東初のスノーピーク直営キャンプフィールド!!

これは期待するしかありません!

現時点でわかっている情報を整理してみました!

すずパパ
すずパパ

鹿沼市が公開している情報も取り入れ、かなりのボリュームになってしまいました…。

良かったら、読んでいってください!

スノーピークキャンプフィールドについて

スノーピーク直営のキャンプフィールドは現在7ヶ所

スノーピーク直営のキャンプフィールド

特に根っからのピーカーと言うわけでもない私は残念ながら利用したことはありませんが、Headquarters(ヘッドクォーターズ)なんかは一度行ってみたいと思っていました。ですが、新潟は流石に遠いんですよね…

そんな時にに舞い降りた、関東へのキャンプフィールドオープンの話。しかも我が心のふるさと鹿沼市とくれば…

期待せずには要られません!

スノーピーク新キャンプフィールド

新施設概要

新施設の建設予定地近郊には南摩ダムが建設中です。この周辺の地域活性化拠点整備として公募型プロポーザルが行われていました。その結果としてスノーピークの提案が選定されました。

スノーピーク 鹿沼

場所は私のホームキャンプ場と言っても過言ではない「出会いの森オートキャンプ場総合公園」から、北西に5kmくらい!

出会いの森は東北道の鹿沼ICや北関東道の都賀ICからも近く、首都圏からの利用者も多いキャンプ場となっています。今回のスノーピークの新キャンプフィールドも首都圏からのアクセスの良いキャンプ場と言えると思います。

スノーピーク 鹿沼

2021年5月31日にスノーピークよりプレスリリースがあり、開業することが発表されました!

発表された内容と鹿沼市に提供された資料から新キャンプ場の詳細をチェックしていきたいと思います。

施設概要

名称:未定
所在地:栃木県鹿沼市上南摩町
運営会社:株式会社スノーピーク ※施設内の飲食施設・農産加工所は、地元組織が運営
開業日:2024年春(予定)
施設概要:スノーピーク(キャンプフィールド約90サイト・物販・温浴等)、地元組織(飲食、農産加工所)
敷地面積:約50,000㎡、建築面積:約1,500㎡

引用元:Snow Peakプレスリリース

敷地面積は50,000㎡!サイト数は90!

資料によると、建築面積は約1,500㎡、敷地面積は約50,000㎡となるとのことで、区画は90サイトとなることが発表されています。

下記が建設予定地です。草原がメインのフィールドとなりそうですね。

スノーピーク 鹿沼 建設予定地
引用元:Snow Peakプレスリリース

以下は公募時の資料から引用します。

スノーピーク 鹿沼 予定地
引用元:鹿沼市(平面図+写真)
スノーピーク 鹿沼 入り口付近
引用元:鹿沼市(入口付近の写真)
スノーピーク 鹿沼 奥の方
引用元:鹿沼市(奥の方の写真)

そして全体の配置図は…

スノーピーク 鹿沼 全体配置図
引用元:鹿沼市(全体配置図)

Aサイト(18)、Bサイト(9)、Cサイト(14)、Dサイト(26)、Eサイト(19)、Fサイト(5)の合計91サイトが描かれています!12x12mの余裕を持った区画となっているようです。

引用元:鹿沼市(庁内委員会報告書PDF)

上の資料によると、Eサイトが電源区画サイトとなる模様。いずれもオートサイトではなく、駐車場から荷物を運ぶスタイルになるみたいですね。ABCサイト中央の道には荷降ろしスペースが見えます。

グーグルマップで確認するとこの付近ですね!

すずパパ
すずパパ

我が鹿沼市にこんなキャンプ場ができるなんて…

ちなみに南摩川は水がないことが多いので、水遊びはできないと思われ

スノーピーク直営店も!センターハウス(仮称)画像も公開!

キャンプ場内には、スノーピーク直営店(物販)や温浴施設、イベント時にも利用できる開放的な多目的広場や中庭も備えるとのこと!

また、地元事業者の飲食店や食品加工所も併設するそうです。

プレスリリースでは中庭空間のイメージ画像が公開されています。

スノーピーク 鹿沼 中庭空間
引用元:Snow Peakプレスリリース

そして鹿沼市の資料ではセンターハウスらしき画像も…

スノーピーク 鹿沼 コア施設
引用元:鹿沼市(コア施設内配置図)

温浴施設も

温浴施設のイメージ画像も掲載されています。上の方で掲載した鹿沼市の資料では温泉掘削予定ポイントもあり、天然温泉も期待できますね!

スノーピーク 鹿沼 温浴施設
引用元:Snow Peakプレスリリース
すずパパ
すずパパ

夢が広がります!!

キャンプフィールドのコンセプトは!?資料あります!

鹿沼市の報告書にこの様なPDFがありました!ほかにもこんなPDFが…(PDF1PDF2

コンセプトは…

鹿沼型原っぱキャンプフィールドの創出!

確かに、団地的キャンプ場の出会いの森とは異なる個性が与えられそうですね!

スノーピーク 鹿沼 コンセプト
引用元:鹿沼市(庁内委員会報告書PDF)

出会いの森の人気イベントに「新そばまつり」がありますが、このキャンプフィールドでも開催されるかもしれません!

スノーピーク 鹿沼 新そば祭り
引用元:鹿沼市(庁内委員会報告書PDF)

利用金額はどうなる?

参考までHeadquartersの利用料金を確認してみると…

料金システムは

基本料金x人数+サイト利用料

となっています。

宿泊の基本料金:大人1,650円、小学生550円
サイト利用料:フリーサイト0円、電源区画サイト3,300円

というわけで、大人二人、小学生二人で区画サイト1泊の場合、1,650x2+550x2+3,300=7,700円となります。

すずパパ
すずパパ

ファミリーでこの値段ならアリではないでしょうか!

まとめ

というわけで、スノーピークファン垂涎(すいぜん)の新キャンプフィールド開業の話題でした!

鹿沼市待望の大型キャンプ場のオープンはスノピファン以外にもいいニュースだと思います!

2024年ということで、まだ先になりますがとても気になるキャンプ場となりそうですね!

人気の出会いの森と合わせて、鹿沼市のキャンプブームが一層加速しそうです!

すずパパ
すずパパ

出会いの森の予約が取りやすくならないかぁと少し期待もしたり…

ちなみに南摩ダム周辺は現状、あまり栄えていません汗

おいしいパン屋さんはあります。

今年1月頃、ダムカードの配布が始まったということで、一度訪問しています。

南摩ダム snowpeak
南摩ダム snowpeak

これは2021年1月の画像です。いろいろ賛成反対が入り乱れ、揉めに揉めたダムですけど…。建設途中のダムが見られるのも今だけです!

キャンプのついでにダム湖を観光するのもいいかもしれません。

オープンは2024年!

それまで世間のキャンプブームは持つのか?

追加情報わかりましたら、追記していきます。

利用したことのある栃木県鹿沼市のキャンプ場

コメント

タイトルとURLをコピーしました