人気のレボタープにコットンモデルが発売!tent-Mark DESIGNS『REVO TARP L コットン』

レボタープLコットン

左右非対称のデザインが人気のユニフレームのREVOタープ

独特のデザインがもたらす様々なバリエーションは使う人のイメージを広げさせてくれます。そんなREVOタープですが、ユニフレームテンマクデザインがコラボをした新製品が発売されました

その名も『レボタープLコットン』(REVO TARP L コットン)として発売されました。

2018年1月10日の初情報以来、ずっと楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?
どんな製品になったのかチェックしてみましょう。

REVO TARP L コットン

ユニフレームは昨年ナチュラムとコラボをし、『TC REVOタープ L【ナチュラム別注】 』を発売しました。そして今年2018年になりコットンバージョンが発売されると知り、驚いた記憶があります。しかもtent-Mark DESIGNSとコラボをするとは…

レボタープLコットン

引用元:tent-Mark DESIGNS

仕様

レボタープLコットン

引用元:tent-Mark DESIGNS

素材 本体 コットン100%(表面撥水加工)
サイズ 520×550㎝
重量 約6.3kg(本体4.830g、ケース&ペグ1,380g)
付属品 張り綱(11m×2本/4.5m×4本)、ペグ、収納袋
推奨ポールサイズ
メイン 240~280㎝
サブ 140~180㎝

価格

29,800円+税

特徴

左右非対称デザイン

レボタープLコットン
引用元:tent-Mark DESIGNS

REVOタープと言えば、その左右対称デザインが最大の特徴ですね。通常のヘキサタープに対して、対角の先が伸びている特殊なデザイン。このおかげで通常のヘキサタープよりも有効面積を広く取ることが可能になっています。

設営バリエーションも豊富です。ユニフレームHPより引用しました。
REVOタープ

REVOタープ
引用元:ユニフレーム

白色のコットン

レボタープLコットン
引用元:tent-Mark DESIGNS

私が次に「いい!」と思う…はそのカラーです。テンマクお得意のTC素材のカラーとは違うそのカラー!TC素材のモノより白に近くなっているようです。
『サーカス コットンバージョン』との相性も最高とのことですが、ノルディスク系のポリコットンテントとも似合いそうですね。

火の粉に強いコットン100%

レボタープLコットン
引用元:tent-Mark DESIGNS

そしてコットンの利点と言えば、やはりコレですね。化繊生地と比べて火の粉に強い為、タープ近くで焚火を楽しむことができます。「近くで」と断りを入れていますが、タープ下で焚火をしている方も多くいますね。

ただ、白いタープ下で焚火をするのは個人的には気が引けますが…
煙で燻され、黒くなってしまったり…

注意点

ポールは付属していないので、別途準備する必要があります。

またコットン素材の幕に対する注意はしつこいくらい書かれています
素材の防水性に対しては…

本製品の生地には、火の粉に強く遮光性の高いコットンを使用しております。コットンは、水を含むと繊維が膨張し目が詰まるため防水性が生まれます。
完全防水ではありませんが、湿る程度で水が滴るようなことはありません。
水がたまる部分は浸みやすくなるので、雨水が流れるようにご設営ください。

引用元:Tent-Mark Designs

焚火等の注意としては…

防炎加工は施されておりません。幕体に火があたるような位置での火器使用、焚火はしないで下さい。付近の火気にも十分ご注意ください。結露が発生する場合があります。ご使用後は日陰干しをし、直射日光を避け風通しの良い場所で保管ください。

引用元:Tent-Mark Designs

また、通常のREVOタープLと共通の内容となりますが、このタープはかなり大きいタープです。仕様によると設営には『12mx12m』が必要と記載されています。

終わりに

軽さがウリのREVOタープにコットン100%バージョンが出るとは思っていませんでした(TC版発売の時もそう思いました。タトンカとどちらを買うか悩みました)。

ちなみに通常のREVOタープLは幕体は約2.2kgコットンバージョンは約4.8kgとかなり軽量です。また雨に濡れたコットン幕の重さは経験ありますが、なかなかツラいものがあります。購入検討されている方は、コットン幕のメリットとデメリットも考えておいた方がよいかと思います

とは言え、雨の日でも焚火ができるのがウリのコットンタープで、コットン100%のホワイトタープは選択肢がほとんどない状態です。欲しい方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

また、すでにREVOタープを持ち、REVOルームやREVOラック等の拡張アイテムを持っている方が更に、このREVOタープLコットンを持つとキャンプの楽しみがより増えそうですね。

何はともあれ、当ブログは地元企業カンセキを応援しています!!
(Wild-1及びテンマクはカンセキの事業部の一つです)

既に発売開始しています

ナチュラム別注のTC素材のREVOタープもあります

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメント

  1. みーこパパ より:

    こんばんは(^ ^)

    REVOタープ、私もまさかテンマクデザインとコラボしてくるとは思いませんでしたw
    ナチュラム別注でTC、テンマクはコットンと…選択肢が増えるのは良いですね。
    男前タープとか、今年のテンマクデザインは爽やか路線かもしれないですね!

    • すずパパ より:

      みーこパパさん♪
      こんばんは~コメントありがとうございます!

      >REVOタープ、私もまさかテンマクデザインとコラボしてくるとは思いませんでしたw

      ホントびっくりですね。メーカー間の垣根が低くなってきてるんでしょうかね。いいことです!
      ナチュラム別注はかなり惹かれましたが、ソロ用にタトンカ2TCを優先しちゃいました(;^ω^)

      >今年のテンマクデザインは爽やか路線かもしれないですね!

      爽やかコットン100%はいいですよね~。年々いいものが発売される…とロートルはがっかりしちゃいますorz