徹底比較『陣幕ミニTC』Tent-Mark Designs新製品情報!

陣幕ミニと炎幕

こんにちは

テンマクデザイン新製品ラッシュの2018年
3月16日の14個目『陣幕ワイドコットン』発表以降、しばらく途絶えていたTent-Mark Designsの新製品情報。3月30日に2つ追加で発表されました。
1つは『サーカスインナー専用マット』
1つは『陣幕ミニTC』

私的に気になるのは『陣幕ミニTC』です。現時点での情報整理と、他の陣幕との比較陣幕所有者から見た感想をまとめてみました。

良かったら、読んでいってくださいm(__)m

[2018年4月9日追記]
公開されたテンマクのカタログを見ると、『陣幕ミニコットン』も発売されるようです。発売時期は9月。金額は12,800円の予定

陣幕ミニTC

まだ写真は1枚しか公開されていません

陣幕ミニと炎幕
引用元:tent-mark designs

仕様

素材/ポリエステル65%、コットン35%(表面撥水加工)、ポールスリーブ:ポリエステル、縁部ナイロン、ポール:スチール
サイズ/300xH100cm
重量/本体:約0.8kg、ポール:2.1kg
付属品/収納ケース、張り綱(ペグは別売り)

販売時期

2018年9月発売予定

販売価格

¥9,800円+税

特徴

・炎幕に最適な小さな陣幕
・ロースタイルでは体が隠れ、背伸びすれば外が見渡せる絶妙な高さ

*情報は2018年3月30日現在のものです

陣幕ミニと陣幕・陣幕ワイドの比較

それでは、陣幕3兄弟と、同じく9月発売予定の陣幕ワイドコットンとの仕様を比較してみましょう

陣幕ミニ 陣幕 陣幕ワイド ワイドコットン
300㎝ 510㎝ 855㎝ 855㎝
高さ 100㎝ 140㎝ 140㎝ 140㎝
パネル数 4 3 5 5
総重量 3.1kg 4.3kg 6.8kg 9㎏位?
価格(税抜) ¥9,800 ¥20,000 ¥24,800 ¥26,800

陣幕ミニの感想

イマイチな点として…
全パネルに『Tent-Mark Designs』の文字が入るのはカッコ悪い気がします。

サイズは小さいですが、陣幕より多い4枚のパネルは効率よく向きを変えられそうでいいですね。完全に囲ったら1辺は75㎝か…。誰を閉じ込めちゃいますか??酔っぱらった私が閉じ込められそう!?

下の写真は通常の陣幕で、立った人が外を眺めている写真です。


高さ100㎝はこちらからは外は見えないですが、外からは覗かれてしまう高さですね。通常の陣幕の高さでは、周囲の人の目線は気になりません。

ファミリー向けキャンプ場で炎幕+陣幕ミニで野営キャンプする際はメンタルをやられないように気を付けないと…


私は発売当初に陣幕を購入しています。風の冷たい秋冬のキャンプで役に立つことが多かったです。風向きが変化して無意味になったこともありますが…。立て直すのは面倒なんですよね(;^ω^)

また、焚火タープTCレクタの3面を陣幕で囲い、焚火をしたこともあります。こんな時って、煙が逃げずタープ下が煙くなることもあるんですよね。そんな時に陣幕ミニを使っていれば、タープ下の煙の排出が良くなりそうですね。

そして…

価格は陣幕の半分程度と安いので、陣幕入門編としても売れそうですね。(私は通常の陣幕があるので買い替えまでは考えていませんが…)

また新しい情報が出たら更新していきたいと思います

余談として17歳男性の平均座高が91.7㎝、コールマンコンパクトフォールディングチェアの座面高さは28㎝、合わせて約120㎝。確かに丁度目線の高さ位になります。チェアに座ってる時でも防風効果はあると思います。

白色のコットン幕にピッタリの陣幕が発表されました。発売まで待ちきれない!!
気になるtent-Mark DESIGNSの『炎幕』 その詳細情報を整理しました

「俺、陣幕ミニが出たら炎幕と合わせるんだ!」(死亡フラグ?)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)