スポンサーリンク

【コールマン2020年新商品】『タフオープン2ルームハウス』~タープ一体型のタフドームで開放的なリビングを~

コールマン タフオープン2ルームハウスNEWS

引用元:コールマン

こんにちは!

物欲のマッドハンド・すずパパ(Follow @suzu_camp)です

さて、わたくしすずパパは自称コールマニアを名乗るほどキャンプ道具をコールマンで揃えていた時期がありました。今もコールマンのテントとタープを所有しています。

そのコールマンですが、今年はフラッグシップのコクーンⅢを発売しました。マスターシリーズのテントは私も使っていましたが、厚手の生地に太いポール流石の作りの良さでした!高いだけはあります!お値段17万円!!

ですが今回紹介するのは、フラッグシップのコクーンⅢではなくコストパフォーマンスに優れるミドルレンジのテントです。

そう!コールマン『タフオープン2ルームハウス』です!!

タフドーム3025とオープンタープが一体となった新しい形のテントです!

コールマン タフオープン2ルームハウス
引用元:コールマン

良かったら、読んでいってください。

コールマン『タフオープン2ルームハウス』

タフオープン2ルームハウスの特徴

一般的に2ルームテントと言うと…

こんなのを思い浮かべますよね。リビングと寝室があり、テント内でも十分快適に過ごすことができるテントを。

ですが、今回紹介するタフオープン2ルームハウスは、その様な今までの2ルームとはちょっと違います。なんとテントとオープンタープが一体化しているのです!

コールマン タフオープン2ルームハウス
引用元:コールマン

この開放的なリビングをふたつめの部屋として提案しています!

タフオープン2ルームハウスはタフドーム3025+オープンタープ

まずは仕様をチェック

コールマン タフオープン2ルームハウス
引用元:コールマン

インナーテントのサイズは幅300x奥行250x高さ175cmとなっています。このサイズと言うのが…

すずパパ
すずパパ

私の所有するタフドーム3025と同じなんですよね!
だからこの新商品が気になったのです!

家族4人が余裕を持って眠れるサイズです!

定番のタフワイドドーム300を使いやすくしたタフドーム3025。それにタープを一体化させたタフオープン2ルームハウスこれからキャンプを始めようとする方に超オススメなテントです!!

タフドーム3025

この写真はタフドーム3025でキャノピーを展開した状態です。これでも雨の時などは役立ちましたが…

コールマン タフオープン2ルームハウス
引用元:コールマン

タフオープン2ルームハウスはさらに開放的なリビングになります!

タープサイズは420x420x230cmとXPヘキサタープSと同等です。

設営は簡単・撤収はちょっと難しいか?

設営動画を確認すると、一般的な設営と同様にドームテント部分を立てた後に、フライシートと一体となったタープ部分を設営することになります。通常のタープを立てるよりは簡単に立てられそうに感じました。
撤収動画もありましたが、タープ部分も一緒に畳む為、綺麗に畳むのは難しそうに感じました。
ここは一長一短ですかね。

コールマン タフオープン2ルームハウス
引用元:コールマン

タープ部分とは別にキャノピー開閉ができるので大切なアイテムは前室に保管もできそうです。

タープアレンジも可能

キャノピー用のポールが4本付いてくるので、タープのアレンジも追加投資無しで可能です。

コールマン タフオープン2ルームハウス
引用元:コールマン

4本のポールを使って開放的なリビングにしたり…

コールマン タフオープン2ルームハウス
引用元:コールマン

風や陽射し除けでサイドを落としたり…

色々なアレンジができるのもいいですね!

まとめ~これからファミキャンを始める方におススメです~

いかがだったでしょうか?

昔はキャンプと言えばコールマン!と言った時代もありましたが、キャンプブームな現在、非常に多くの選択肢があります。

とは言え、日本の気候や使い勝手を考え抜かれたコールマンのテントは初めてのテントとしてベストと言ってもいいのではないでしょうか?

ドームテント+オープンタープの解放感がオススメ!

そして初めてのテントは、室内スペースが効率的なドームテントと開放的なオープンタープがオススメです!

気持ちよくアウトドアフィールドでのキャンプが過ごせることでしょう。

コールマン タフオープン2ルームハウス
引用元:コールマン

その為の要素がセットになったコールマン『タフオープン2ルームハウス』はさらにオススメと言えます。

まずはお手頃な価格の本テントで楽しみ、その後に雨や冬のキャンプでも楽しめる様にと2ルームテントやシェルター・コットンテントなどを選んでいく方が良いと思います。

以上の様に、オススメテントであることは間違いないですが、懸念点は2点…

  1. お手頃ではあるが価格的にお得感が足りない
  2. カラーが定番の緑しかない

価格的にお得感が足りない

検討候補に上がりそうなテントの価格をコールマンオンラインショップ価格で比較します。

  • タフワイドドームⅣ300 ヘキサセット…¥52,800
  • タフオープン2ルームハウス…¥49,800
  • タフドーム3025…¥34.980
    (いずれもグランドシート・インナーシート含まず)

少しお金を足せば、より大きなタフワイドドームⅣ/300と独立したタープが手に入ります!しかもオリーブxサンドと言う、最近流行りのカラーで…。

そしてベースとなるタフドーム3025の価格と比べると+15,000円です。同サイズのXPヘキサタープSは14,800円なので妥当な値付けとは言えますが、一体型なのにお得感はちょっと足りないかなぁ…

現状、Amazonやナチュラムでは4万円前半で販売しているので、気になる方はチェックしてみてください。カッティングボードがおまけで付いてくるボーナスパックもあり!

カラーが定番の緑しかない

これはどうなんでしょう?

すずパパ
すずパパ

現在の緑コールマンに対する評価がわかりません!
ダサい?定番?

私が初めて買ったのは緑のコールマンで、周囲のテントも似たようなテントばかりでした。その次にウェザーマスターを購入し、現在はノルディスクのウトガルドタフドーム3025を使い分けています。

最近はコールマンでもカラーバリエーションが増えています。私のタフドームもバーガンディカラーですしね。まぁ、最初から方向性が決まっていてオシャレなキャンプをしたい方は緑コールマンは選ばないでしょう。

ですが、緑色が気にならず、まだキャンプの方向性が決まっていない方々にはいいテントだと思います!是非この機会に、ゆっくりとテントを選んでみてくださいm(__)m

コールマン タフオープン2ルームハウス
コールマン タフオープン2ルームハウス
引用元:コールマン

こう見ると、コールマングリーンも悪い色ではないんですよね!一時期増えすぎていただけで…。今なら逆にいい感じにキャンプに映えて見えるかも…

すずパパ家所有のファミリーテント

現在は下記の2幕です。

基本的にはウトガルドでのキャンプがメインです。冬キャン、夏キャンどちらも快適に過ごせます。

冬以外の雨キャンプや設営撤収に時間を掛けたくない時はタフドームの出番です。

ファミ幕は2つだけですが、ソロ幕はそれなりに使っているものが3つ。全く使っていないのは秘密ですw

コメント

  1. いたち より:

    こんにちは(・ω・)

    キャンプを始めて以来、ワンポールばかりに手を伸ばしているいたちは「寝室とつながった利便性の良いリビング」というものを体験したことがないです
    今にいたってはリビング・ダイニング・キッチン・寝室なテント内ですしヾ(´ω`;)
    今度はスタンダードなスタイルかつ入手性の良さそうな、ご紹介のテントを検討しようかなぁ(*´ω` *)
    早急な支給望む! 給付金(`・ω・´)シャキーン(笑

    なお、以前ご紹介のあの寝袋、娘の心を鷲掴みました
    が、財務大臣(奥さん)のお財布の紐は硬そうです(笑

    • すずパパ より:

      いたちさん♪

      こんばんは!

      >キャンプを始めて以来、ワンポールばかりに手を伸ばしているいたちは「寝室とつながった利便性の良いリビング」というものを体験したことがないです

      ワンルームがいいか、ちゃんと部屋が分かれているのがいいのかですかね~
      はっ!私は厳密にはワンポールを使ったことがない男でした!ウトガルドは広義ではワンポールでいいと思いますが、計9本ポールがあるしなぁ…。

      >今度はスタンダードなスタイルかつ入手性の良さそうな、ご紹介のテントを検討しようかなぁ(*´ω` *)

      是非一度自立式テントも試してもらいたいですね~。給付金で!!

      >あの寝袋、娘の心を鷲掴みました。が、財務大臣(奥さん)のお財布の紐は硬そうです(笑

      誕生日プレゼントにしませう!!

  2. […] 僕がキャンプを始めたワケ […]

タイトルとURLをコピーしました