スポンサーリンク

【新製品情報】モンベル『ムーンライト キャビン 4』仕様判明!ムーンライト使用者目線でチェック!

NEWS

こんにちは!

モンベルのムーンライトテント2型を愛するすずパパ)です!

昨年、発売と同時に購入した新型ムーンライトテント2型。定番のムーンライトテントのリニューアルということで心配もありましたが、より簡単になった設営と向上した快適さに大満足しています。

そして今年2021年には待望の2ルームタイプのムーンライトテントが登場します。その名も『ムーンライト キャビン4』!!

今回、オンラインショップに製品が登録され仕様が判明ししたので、新型ムーンライト使用者目線でこの新しいテントをチェックしてみたいと思います。

良かったら、読んでいってください。

ムーンライト キャビン4の特徴

まずは一般的なムーンライトテントの特徴を

ムーンライトテントの特徴と言えば、その名の示す通り「月明かりの下でも素早く設営できる」と言うところですね。

すずパパ
すずパパ

まだ、実際にやったことはありませんが…。

それを可能としているのが、ショックコードで一体化されているポールと、簡単な吊り下げ式のインナーテントです。

新型ムーンライトテント2型 ジョイント
新型ムーンライトテント2型 本体
すずパパ
すずパパ

パタパタ開くと勝手にフレームが出来上がる様は感動さえ覚えます。

さて、今回発表された「ムーンライト キャビン4」はどうでしょうか?ムーンライトの名に恥じない簡単な設営・撤収を実現できているのか?

特徴をチェックしていきましょう。

ムーンライト初の大型2ルームテント

まず「ムーンライト キャビン4」のサイズを整理してみました。

「ムーンライト キャビン4」のサイズは275x580x213cmと、2ルームテントとしてはコンパクトです。ですが、数値と画像をチェックしてみると、コンパクトながらも家族4人で十分快適に過ごせるサイズとなっていると思います。

Aフレーム構造のおかげで側面がほぼ垂直に立ち上がり、居住性も高くなっています。もちろん現行の最大サイズであるムーンライトテント4より、大きくなります(最大高さも高くなっています。)。

「ムーンライト キャビン4」のサイズ

テント全体:275x580x213cm
リビング:300x275cm
寝室:250x210cm

また、付属の庇(ひさし)用ポールを使えば、さらに開放的にリビングスペースをとることもできます。

ムーンライト キャビン4 
引用元:モンベル オンラインショップ

インナーテントを使わずにシェルター的に使うのも良さそうですね。

ポールは3本!重量12kg!簡単な設営・撤収

「ムーンライト キャビン4」は他のムーンライトでおなじみのAフレームが2セットとセンターポール1本の3本のポールで設営可能です!説明書をチェックしてみましたが、基本的な設営方法は他のムーンライトテントと同じですね。センターポールは寝室側とリビング側のテント本体上部に設置されているスリーブに通します。

ムーンライト キャビン4 ライトタン(LTN)
引用元:モンベル オンラインショップ

ふたつのAフレームと、中央のスリーブにセンターポールがあるのが確認できます。テント本体とAフレーの固定は、他のムーンライトテントと同様のようです。↓こんな感じですね。

新型ムーンライトテント2型 ポールジョイント フック
新型ムーンライトテント2型 ポールジョイント フック
新型ムーンライトテント2型の例

この吊り下げ構造が非常によくできており、簡単に設営撤収ができます。大型2ルームテントとなる「ムーンライト キャビン4」でも簡単に設営撤収ができそうですね。

また重量はわずか12kgと、同程度のサイズの2ルームテントの中ではかなり軽量な部類となります。

設営撤収は早いほど、キャンプを楽しめる時間が増えますからね。これからファミリーキャンプを始めようという方にもいい選択しかもしれません。

リビング3面はメッシュあり!さらに全面スカートも!!

リビング側3面にメッシュがあります。もちろんフルクローズも可能。そして全面にスカートもついています。

これで、虫が気になるときや寒い時期も安心ですね。

難燃素材の採用とムーンライト連結!

安心と言えばムーンライトテントでおなじみの難燃素材。テント内や近くで火器を使うのは推奨できませんが、もし火がついてしまった時の延焼に差がでます。ちょっと安心感が高まりますね。

そして最後の特徴として…

まさかのムーンライト合体です!!

「ムーンライト キャビン4」のリビングの側面開口部に「ムーンライトテント4」を連結することができます!寝室用にムーンライトテント4を使えば、ムーンライトキャビンすべてを広大なリビングとしても使えます!

すずパパ
すずパパ

この使い方にあこがれる!

ただし、個人でやる人はすくなそうだけど…。

ムーンライト キャビン4の情報

ムーンライト キャビン4 カタログ
引用元:モンベル オンラインショップ

仕様

素材
テント本体 68デニール・ポリエステル・リップストップ[耐水圧1,500mmウレタン・コーティング、難燃加工]
インナールーム 68デニール・ポリエステル・リップストップ[はっ水加工、難燃加工]
フロア 70デニール・ナイロン・タフタ[耐水圧2,000mmウレタン・コーティング、難燃加工]
ポール アルミニウム合金
仕様
本体重量 12.0kg
総重量 13.0kg
カラー ライトタン(LTN)、スプリンググリーン(SPGN)
構成 テント本体1、インナールーム1、本体ポール2組、センターポール1本、ひさし用ポール2本
∅3mm反射材入り張り綱12本、16cmアルミVペグ21本、ポール応急補修用パイプ1本

カラーはライトタン(LTN)、スプリンググリーン(SPGN)の2色。どちらがお好みですか?

すずパパ
すずパパ

細かいところでは、ムーンライトテント4よりデニール値が高いものを採用しています。より厚く強度が高くなっているものと思われます。
(ムーンライトテント4は20~40デニールのものを採用)

発売日

発売日:未定

2021年2月18日現在
モンベルオンラインショップでは現在「入荷時期未定(受付不可)」と表示されています。

価格

価格:97,900円(税込)

2021年2月18日時点の情報です。変更ありましたら追記致します。

まとめ

というわけで、モンベルから登場する期待の2ルームテント『ムーンライトキャビン4』の特徴と仕様を紹介してみました。

こんな方にお勧めでしょうか?

  • 現在のテントの設営・撤収に不満がある
  • 重いテントを持ち運ぶのが嫌
  • 人と被ってるテントは嫌

税込み価格97,900円は正直ちょっと高いと思いますが、軽さ・設営の容易さと言ったメリットに惹かれれば、買って損はないテントであると思います。発売されたら、ぜひモンベルショップに足を運んでみてください。

すずパパ
すずパパ

ホント、ムーンライトテントの組み立てやすさは伊達じゃないですよ!

モンベル、ムーンライトテント関連記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました