スポンサーリンク

【新製品情報】トヨトミ人気のGEAR MISSIONシリーズに2020限定モデルが登場!カラーは?【KS-GE67】

トヨトミ GEAR MISSION 2020NEWS

こんにちは

トヨトミレインボーストーブを愛する男すずパパです。(なぜかリンク部が上にズレてしまう…orz)

最近の防災意識の高まりとアウトドアブームにより、石油ストーブ業界は活気を帯びています。石油ストーブ業界の雄・トヨトミも性能の向上とカラーバリエーションの追加で毎年話題となっています。

昨年はオリーブカラーでタフなデザインに仕上げた「GEAR MISSION」シリーズが話題になりました。そして、今年の5月には純白のランタンストーブ漆黒の大型対流ストーブも発売しています。

そして2020年秋、「GEAR MISSION」シリーズ2020年限定モデルが発売されました。

トヨトミ GEAR MISSION 2020
引用元:トヨトミ

良かったら、読んでいってください。

「GEAR MISSION」シリーズとは

2019年度に発売された新シリーズとなります。

引用元:トヨトミ

左からKS-GE67、RR-GE25、RS-GE23です。

遊びも暮らしも妥協しない大人のためにタフなデザインに仕上げた特別モデル「GEAR MISSION」はアクティビティで冷えた体をしっかり温める。頼もしい相棒とこの冬を全力で楽しんでください。

引用元:トヨトミ

と説明がある様に、アウトドアシーンも良く似合う、男の為の石油ストーブと言った感じでした。

GEAR MISSION 2020限定モデル

そんな「GEAR MISSION」シリーズに2020限定モデルが発売されました。

トヨトミ GEAR MISSION 2020
引用元:トヨトミ

発売されるのは大型対流ストーブのKS-GE67のみです。

カラーは「土」をイメージしたアースカラー「コヨーテブラウン」!

これまでの森や山のイメージが強い色合いから、今年は砂や岩など「土」をイメージした色にこだわりました。 グレーや白などのモノトーンの空間に浮き立つ自然色の「コヨーテブラウン」を発売します。

引用元:トヨトミ
トヨトミ GEAR MISSION 2020
トヨトミ GEAR MISSION 2020
トヨトミ GEAR MISSION 2020
トヨトミ GEAR MISSION 2020
引用元:トヨトミ
すずパパ
すずパパ

確かにホワイトやグレーの空間に似合いそう!
アウトドアシーンでも違和感なさそう!

最近は白熊系のコットンテントやベージュカラーのテントも人気なので、違和感なく合わせられそうですね!

気になる価格は33,000円+税TOYOTOMI home+で販売中です。

ちなみに他のオンラインショップでも購入可能です。通常の「GEAR MISSION」シリーズも継続販売中です(リンクは最下段に設置しています)。

終わりに

いかがでしたか?

今年の限定カラー「コヨーテブラウン」は?

いい色だとは思いますが、私にはこのカラーを違和感なく使いこなせる自信がありませんw

限定モデルが大型対流ストーブKS-GE67だけなのもちょっと寂しいかな。レインボーサイズのRR-GE25もコヨーテブラウンカラーで発売して欲しかった…。

正直、レインボーサイズでは力不足を感じることもあります。大型なKS-67シリーズなら余裕でテント内を暖めてくれることでしょう!テントサイズとの兼ね合いもありますが…。

レインボー、フジカ、アルパカそしてスノーピーク…

キャンプシーンで石油ストーブをよく見る様になってきました。冬キャン人口が増え、テント内でストーブを使う人も多くなっていると思います。ここ数年は年に何件かずつは、テント火災のニュースやSNS情報も見ますし…。

対震自動消火装置のついたストーブを使ったり、可燃物との距離等、説明書の「危険・警告」事項を確認した上で使うようにしましょう。

すずパパ
すずパパ

ちなみに、1,300m以上の高地では酸素濃度が薄い為、異常燃焼を起こすおそれがあるそうですよ!

あっ、我が家のレインボーはまだまだ現役ですよ!!

すずパパ
すずパパ

今年は冬のファミキャン予定は無いので、家の中で頑張ってもらう予定ですorz

ウトガルドの中では「外よりマシ!」程度の暖かさですが、ソロ幕のソロカマTCの中では十分な暖かさです(狭くなるけど)w

つがスポーツ公園 夜の幕内




おまけ「BLACK and WHITE」シリーズもカッコいい!

遊び心溢れる「GEAR MISSION」シリーズもカッコいいですが、シンプルなモノトーンモデルもなかなか来てます!!

ホワイトのランタンストーブは非常に食指が伸びます!!

トヨトミ ホワイト ブラック
引用元:トヨトミ

RL-250(W):30,000円+税
KS-67H(B):21,800円+税

すずパパ
すずパパ

えっ?値段間違ってない?

小さいRL-250(W)の方が高いなんて…

コメント

  1. いたち より:

    こんにちは(・ω・)

    すずパパさんのストーブネタは秋の風物詩(?)、季節の移ろいを今年も感じられました(笑
    そしてそんな記事を読むたびに、数年前に某ネットショップでRB-250(形状的にはこれだけどたぶん旧バージョン)が1万円ちょっとで売られていたときに買っとけばよかったと毎年後悔するいたちです(´・ω・`)

    ご紹介の新製品群でRS-GE23は、前面のガードが粗目でここだけでもちょっとアウトドアっぽいから好きですね(*´ω` *)
    まぁ現状反射式2台あるし、壊れることもそうそうないので買い替え買い増しは当面ないですが(笑

    • すずパパ より:

      いたちさん♪

      こんばんは!返事遅くなってすみません(;^ω^)

      >すずパパさんのストーブネタは秋の風物詩(?)、季節の移ろいを今年も感じられました(笑

      もう雑誌張りに毎年同じ話題を繰り返してますよね(;^ω^)
      いたちさんのストーブ後悔話も定型詩ですねw

      >まぁ現状反射式2台あるし、壊れることもそうそうないので買い替え買い増しは当面ないですが(笑

      そうなんですよね。ストーブなんて壊れませんし、買い替えなんて普通不要なんですよね。現状のをフリマサイトで処分しようにも結構傷んでいるので売れなそうですし…。
      と言うわけで、今年もレインボーを使い続けますw

タイトルとURLをコピーしました