【naturum×Coleman】『トンネル2ルームハウススタートパッケージ』限定カラーで緊急発売!

トンネル2ルームハウス 外観

引用元:ナチュラム

こんにちは

今年のナチュラムは例年以上に様々なメーカーとのコラボに力を入れています。
コールマンとのコラボでは…

・タフスクリーン2ルームハウス
・コンパクトフォールディングチェア
・トンネル2ルームハウス
等が発表されています。

これらの中で個人的に注目しているのは『トンネル2ルームハウス』で、2年前からずっと気になっている幕でした。

・2016年秋冬モデルの『トンネル2ルームハウス(バーガンディ)』(限定販売)

コールマンの新型2ルーム「トンネル2ルームハウス(バーガンディ)」徹底解剖!比較対象はカマボコテント!?

・2017年インディゴレーベルの秋冬モデル『トンネル2ルームハウス LDX』(現在も販売中)

『ILトンネル2ルームハウス/LDX (デニム)』発表!インディゴレーベルの2017年秋冬新作紹介

そして、今年はナチュラム別注カラーが発売です!今までの『トンネル2ルームハウス』と比較しつつ整理してみたいと思います。

トンネル2ルームハウス スタートパッケージ(ナチュラム限定カラー)

トンネル2ルームハウス 外観

引用元:ナチュラム

カラーは『オリーブxコヨーテ』

流行りのコヨーテブラウンを取り入れた、落ち着いたカラーです。

このあと仕様や特徴をチェックしていきますが、今回のこのトンネル2ルームハウスは『スタートパッケージ』のみの販売と言うことで、インナーシートとグランドシートが付属するモデルとなります。

発売予定日

気になる発売日はNATURUM BUYER’S VOICEによると…

すでに納期:1週間~10日で注文可能です。

ナチュラムへの入荷が2018年5月28日の予定とのこと…

価格

¥91,584(税込)

・ILトンネル2ルームハウス/LDX (デニム)は¥86,400(税込)
・Amazon.co.jp限定トンネル2ルームハウスLDX(オリーブ)は¥80,000(税込)

比較すると高い気もしますが、インナーシート・グランドシート付属はナチュラムだけです。

仕様

テント

耐水圧 約2000mm (フロア:約2000mm)
定員 4~5人
使用時サイズ 約660×330×200(h)
インナーサイズ 約300 x 235 x 185(h)cm
収納時サイズ φ31×72cm
重量 約15.5kg
材質 フライ:75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー:68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
フロア:210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)
ポール メイン:アルミ合金 約φ16mm
バイザー:FRP 約φ8.5㎜
付属品 ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

インナーシート

サイズ 約295(前方)/255(後方)x235㎝
重量 約1.7kg
材質 表地:ポリエステルタフタ
裏地:PVC
中綿:PU
付属品 収納ケース

グランドシート

サイズ 約290(前方)/245(後方)x225㎝
重量 約800g
材質 ポリエチレン
付属品 収納ケース

トンネル2ルームハウス 仕様引用元:コールマン

*画像はほぼ同仕様のILトンネル2ルームハウス/LDX (デニム)より

従来のトンネル2ルームテントとの変更点

2016年モデルのバーガンディと比較した場合、一番の変更点はポールの材質と径です。

ナチュラム限定カラー バーガンディ インディゴレーベル
メイン アルミ合金 スチール+アルミ合金 アルミ合金
約φ16mm 約φ13.8㎜ 約φ16mm
バイザー FRP FRP アルミ合金
約φ8.5㎜ 約φ8.5㎜ 約φ9mm

バーガンディ版トンネルのポールはφ13.8mmのスチール+アルミ合金製でしたが、強風でポールが折れてしまった事例があったようです。そこでインディゴレーベル版発売時よりφ16mmのアルミ合金製を採用しているようです。

もちろんナチュラム限定版もそれに倣っています。バイザー部のポールはFRPのままの様ですが、ここはコスト管理の結果でしょうか?

とにかく、重要なメインポールの強化はありがたいことです。

特徴

トンネルならではの特徴とコールマンお得意の特徴的機能を紹介します。

簡単な設営

4本のメインポールと1本のバイザー用ポールで簡単に設営できます。Youtubeに設営動画がアップされています。

テントの設営方法「ILトンネル2ルームハウス-LDX」| コールマン

一般的な2ルームテントでよくある、ポールを交差しての立ち上げがない分、設営しやすさがアップしています。

トンネル2ルームハウス インナーテント

引用元:ナチュラム

インナーテントも吊り下げ式で雨の日の設営でもインナーテントが濡れることがありません。

広い居住空間

全長660㎝の圧倒的な広さ!!

ただ、全長660㎝は張り綱を含めると一般的なオートサイトでギリギリと言ったところでしょうか?全幅も330㎝あり同じコールマンのタフワイドよりも幅が広くなっています。

トンネル2ルームハウス リビング

引用元:ナチュラム

全長540㎝のタフスクリーン2ルームと比べてもそのリビングスペースの差は歴然です。ただ全長660㎝のうち150㎝は庇の外側なので、クローズした場合はリビングとしては使えませんが…。

トンネル2ルームハウス バイザー

引用元:ナチュラム

また、トンネル型の特徴として、室内の高低差が少なくなっています。高さは2mですが、圧迫感なく使えると思います。

広大なリビングに比べると、寝室は少し小さめですが、4人が十分寝られる面積はあります(所有しているタフドーム3025とほぼ同サイズ)。

豊富なベンチレーション

さすが日本のキャンプを知り尽くしたコールマン。ベンチレーションは豊富です。リビング左右4か所と前後2か所の計6か所をメッシュにすることができます。

トンネル2ルームハウス ベンチレーション トンネル2ルームハウス ベンチレーション トンネル2ルームハウス 外観

引用元:ナチュラム

便利機能

インナー内だけではなく、リビングにもランタンフックがあります。

トンネル2ルームハウス ランタンフック

引用元:ナチュラム

もちろん電源コード用のファスナーも…。これは最近のコールマンテントでは基本的な仕様です。

トンネル2ルームハウス コード穴

引用元:ナチュラム

インナーシートとグランドシートが付属でGOOD!

トンネル2ルームハウスのインナーテントは変則的な形をしています。この形にピッタリのインナーシートやグランドシートは現在販売されていません。(たぶん…)

トンネル2ルームハウス インナーシート

引用元:ナチュラム

2ルームハウス用のシートセットは販売されていますが、微妙にサイズが大きいです。

なので、テントの保護や快適な寝心地の為のシート類がセットになっているのはとてもありがたいと思います。

終わりに

今年のnaturum×Colemanコラボはミリタリー系のカラーで攻めてきました。

タフスクリーン2ルームハウス『オリーブxブラウン』

タフスクリーン2ルーム

引用元:ナチュラム

さらに安価なラウンドスクリーン2ルームハウスはトンネルと同色『オリーブxコヨーテ』

ラウンドスクリーン2ルームハウス

引用元:ナチュラム

コンパクトフォールディングチェアカモ柄

コンパクトフォールディングチェア カモフラ

引用元:ナチュラム

セットで使いたくなりますね!!

個人的にはコヨーテブラウンの面積が大きいトンネル2ルームハウスの落ち着いた色合いと設営の簡単差が好みです

キャンプ場で遭遇率の高いコールマンですが、限定カラーとなると一気に目立ち度が高まりますね!コールマニアとしてはどちらを買っても後悔しないと思います!価格はかなり差がありますので、そこは予算と奥さんの好みで選択でしょうかw?

ノルディスク レイサDOD カマボコスノーピーク ヴォールトと各社、トンネル型テントがそろい踏みしています。そこにこのトンネル2ルームも入っていけるか!?

とても楽しみなテントです!

↓ちなみにAmazon限定でオリーブ一色モデルも販売されています!こっちも気になる!!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメント

  1. くめっち より:

    こんにちわ。限定カラー、なかなかいい色ですね(^^)キャンプ始めた頃なら買ったかなぁ。
    私も最近、コヨーテブラウン、サンドカラーなどのアイテム増えてきてます。

    • すずパパ より:

      くめっちさん♪

      こんばんは~

      >限定カラー、なかなかいい色ですね(^^)キャンプ始めた頃なら買ったかなぁ。

      レイサベージュと悩みますか??見た目ではレイサにしてしまいそうですが、機能的にはコールマンの方が良さそうですよね。リビング側にはスカートもありますし…

      >私も最近、コヨーテブラウン、サンドカラーなどのアイテム増えてきてます。

      ですよね~!キャンプの時見せてもらいましたが、サーカスにチェアに横に付けるヘリノックスのケースに…。カッコイイです!!
      くめっちさんのアイテムはトータルでちゃんと考えられたモノが多くてほれぼれします!私なんてバラバラで…
      次は軍幕デビューですね!?